寒さが増してきた11月末

 日記記事なんて久々ですね。まだ生きています。(桜井政博さん風に)
ここ一月は私生活、主に大学が忙しくなってしまいなかなか更新できませんでした。
キン肉マン更新も日曜日ギリギリまで回してしまっていますね。ふむ・・・。
 その中でも趣味に手を出せる範囲で色々と出しています。

・jube@t
 今月頭に友人とゲーセンに行った際、「何となくやってみるかぁ」という軽いノリで始めました。
レベル7をやっとクリアできる程度の腕前ですが、ぼちぼち楽しんでいます。エンジョイ勢ですね。
中学時代に執心していた東方アレンジが収録されていたり、話題のアニソンが入っていたり。
時間を見つけてこれからも遊んでみたいと思います。

・アニメイトカフェ×ご注文はうさぎですか?
 10月、11月にアニメイトカフェ秋葉原店、大阪日本橋店でコラボした作品は何とごちうさ。
私は今月頭に2回ほど行ってきたので、軽く前回のデレマスカフェのように記事を書こうと思います。
本当に楽しい時間でした!(笑)

・ファイアーエムブレム
 ファイアーエムブレムif、暗夜王国をクリアして現在白夜王国の終盤に差し掛かりました。
今回はかなりキャラクターの個性が濃いですね。透魔まであと少し。
 最近発売された「PXZ2」の動画を見ていましたが、クロムとルキナの技が原作の覚醒への
リスペクトに溢れた技が大半で思わず舌を巻きました。FE覚醒ファンは必見です!

・艦これ
 2015年秋イベ始動。E-3をクリアし、鹿島さんをお迎えできたのでひと段落しています。
あとはE-5まで攻め込むこと、気ままに掘りを進めてドロップ狙いです。
イベント途中経過やイベント後に個別に記事を書こうと思います。

 アニメや小説の消化もしなくては。では、今日はこのあたりで・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

熟慮の末の判断だ 数億年にわたる熟慮のな

男たちの永世の想い 今ここに爆発す―!
 誰もが予想だにしなかった幕切れとなったテリーマン対ジャスティスマン戦。
テリーマンはジャスティスマンの途中棄権の理由、ダンベルを渡した理由を声を荒げながら問う。

悠久の時を生きた者の熟慮!
 刹那に生き、瞬く間に生命を落としてしまう下界の超人たちと、彼らを見てきた
永遠の時を生きる完璧超人始祖。盤石の世づくりを目指す始祖たちにとっては蔑みの対象と
なっていたが、ジャスティスマンはテリーの内に「闘う魂」を見出した。
 テキサスブロンコ。その闘志に敬意を払うかのように口にしたジャスティスマンは続けて
そこに至る闘志が宇宙の感情とシンクロし、憧憬を集めていることに気付いたと吐露。
つまり、たとえここでテリーマンの生命を絶ったとしても、彼の魂を受け継いだ者たちが
ジャスティスマンへと牙を剥くと。
 永遠を生きる存在に対する刹那的な存在。しかし、ジャスティスマンはテリーマンに
「肉体を犠牲にして、魂を新たな次元に引き上げる可能性」を見出していたのだった。
 悪魔超人陣営に鎮座する悪魔将軍と視線を交わし、頷き合うジャスティスマンと悪魔将軍。
ゴールドマンとしての名を捨て地上に降り立った旧友の理想を自らも悟ったのか、
その表情はどこか満足気であった―

遂に立ち上がった男、果て無き感情―!
 ジャスティスマンの賛辞の言葉、渡されたダンベルを手に取るテリーマン。
闘いを終え、自らの義足を作り上げた爺を偲ぶ最中。決して触れずして、怒りの元の眼力のみで
眼前のガラスを破壊し尽し遂に立ち上がった超人閻魔。ジャスティスマンの衝突する視線は
先の悪魔将軍と交わした温かみの溢れる物ではなく、あくまで冷徹で覚悟を決めた男の眼差し―!
 男たちが静かに火花を散らせる中、サイフォンリング4階のサイコマンの声と、対戦相手の
ブロッケンJr.を容赦なく痛めつける打撃音が響き渡る。
ジャスティスマンの数億年の想いが熟慮ならば、それはサイコマンにとっての「始祖への裏切り」
に他ならない。いずれ裏切るであろう時が何故今なのか。怒声と共に、怒りを対戦相手に
ぶつけるサイコマン。冷静な面持ち、立ち振る舞いは何処へやら。鬼気迫る表情と共に、
悠久の想いを吐き出す始祖は、ここにもまた一人―!


 テリー対ジャスティスマンのアフター、超人閻魔の怒り心頭、サイコマンの激昂。
テリーマンの戦闘意志は「こんなんで勝って胸を張れるかよっ!?」という台詞に表れていると思います。
まさか「やったぞ!ミーが勝ったぞ!」なんて言えませんし、台詞でも姿勢が見て取れて良かったです。
賛否のある結末となったかもしれませんが、前半の王道プロレス展開に義足という過去話、そして
好敵手アシュラマンの果たせなかった勝利の実現と、始祖をも唸らせたテキサスブロンコ―闘う魂―。
戦後にジャスティスマンが語った自身と下界の超人の違い、テリーに見出した未来への希望の萌芽。
これら全ての要素がこの試合の全てを魅力的なものに仕上げていて個人的には結構好きです。

 満を持し立ち上がった超人閻魔。この流れだと「閻魔対ジャスティスマン」は近いでしょうか。
詳しいことは次回以降に語れると思いますが、こちらも目が離せませんね。

 そして怒りに燃えるサイコマン。バッファローマン戦が超人強度の思索ならば、プラネットマン戦は
戦闘において容赦をしない始祖としての理念を貫いた闘い、今回は完璧超人たちの変化に怒りる
怒涛の化身となる予感が。若くして超人界随一の仕事人、ブロッケンJr.の愚直なまでの気概が、
対する最後のダンベル所持者である完璧超人始祖・サイコマンの心をどこまで動かせるか。
「ダンベルがあと1個を残すのみ」という点を考えると勝利は絶望的ではありますが・・・

 ゴールドマンと、彼を裁いた「裁きの神ジャスティス」の因縁を払拭するかのような
悪魔将軍、ジャスティスマンの二人の相槌は素晴らしく、個人的に今年の名場面トップクラスです。
後の悪魔将軍とジャスティスマンの視線が合うシーンと対になっているのも最高ですね!
 次回以降の展開が全く読めなくなりつつありますが、気になる次回は・・・来週(30日)更新!

第150話 永遠なる魂!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

ヘイボーイ! せ・・・正義の魂を からかっちゃいけないぜ!

貫き通した正義と完璧!対決の行方は―

 完全決着まで秒読み。完璧に裁きの技の型を決められ、何とか必死の抵抗を続けるテリー。
親友・キン肉マンの悲痛な叫びを受けながら、何が何でも技から抜け出そうとするテリーの
両肩のスターエンブレムが仄かに輝く。力が入る握り拳は義足である左足を打ちつけ、
ジャッジメント・ペナルティの突破口を開けたかと思った刹那、無情にもテリーはリングに
叩きつけられ、とうとう非常の判決を下される―!

 腫れ上がった端正な顔、宙を舞う左足の義足。裁きの判決を受け、リング上に横たわる肢体。
闘いは終わった、誰もがそう思ったその時、テリーは帰り支度を始めていたジャスティスマンに
声を掛け、自分はまだまだ闘えると意思表示。左足を失った。奇跡的に動くも両腕は負傷。
それでもジャスティスマンの身体を掴み、何とか立ち上がる。絶大な全身のダメージからか、
その場に転倒してしまったテリーにジャスティスマンは語る。

 それは「ダブル・ジョパディ(二重処罰の禁止)」の精神。裁きの判決を下し、それでも尚
生き抜いたとなれば無罪放免であると。裁きの天秤も同時にテリーマンの無罪を示すかのように
テリーマンのグローブを乗せた杯が吊り上がっていく。
 裁きの技を受けながらも生き抜き、そして裁きの天秤にも公正に認められた生き様。
それでも尚戦いを続けんとするテリーに対し、ジャスティスマンは光のダンベルを差し出し、
テリーマンの勝利を宣言する。完璧超人始祖の理念を貫き通したジャスティスマンと、
正義の理念を曲げなかったテリーマン。二人の勝負は、誰も予想だにしなかった幕切れとなった―



 冒頭のキン肉マンがテリーマンの名を叫ぶシーンで冷静に「下がりなさい・・・」と諌める警備員に
インパクトを奪われましたが、何と今回はテリー対ジャスティスマンの決着回!勝負が決しました!
 事実上試合にほぼ敗北していたテリーマンですが、自身の信念を貫き通したが故の復活、
そして戦闘続行の意思表示。「勝負に負けてしまったが、心の強さがジャスティスマンを認めさせた」
という何ものにも代え難い勝利を収める結果となったのかもしれません。

 悪魔将軍の評では「ジャスティスマンは最もザ・マンの理想に近い超人」でしたし、今回の試合は
ザ・マンの慈悲深い心が健在ならば辿ったかもしれない結末
なのかもしれません。完璧の名は強さの代名詞や超人界を統括する暴君としてではなく、
新しく生まれてきた存在を希望や理想の寵児として受け入れる役割も果たしていた。
 それが今はどうだどうか?一番弟子であったゴールドマン、シルバーマンは始祖を抜け下野し、
一番の理想を標榜していた慈悲深き男は堕落の一途を辿った。慈悲深き男の元で活躍
し続けていた裁きの神はあくまで公正に、中庸的な立場で男の理想を遵守し続けていた―

 裁き人として、一貫し続けていた立場。彼の立場も超人閻魔と化した現在のザ・マンにとっては
あまりにも煙たい存在に他なりませんし、超人閻魔の一存で粛清されてしまう可能性も・・・?

 黄金のマスク編で語られた「裁きの神と兄弟ゲンカ」の神話を回収し、
完璧超人始祖ジャスティスマンとして登場を果たした彼。完璧超人始祖の理念とは何なのかを
体現し、超人界の理想の萌芽を認めるという形で決した今回の勝負。
ここまで凄いキャラクターになるとは思いませんでした。彼が語る理想に嘘偽り無し。
個人的に久々にグっときたキャラクターかもしれません。
 今回の結末は両者ともに正義、完璧超人始祖としての立場を崩さず、一人の超人としての
株を下げず・・・といった感じがしますが、両者が貫き通した信念があまりにも見事でした。

 さて、残るサイフォンリングでの試合はサイコマン対ブロッケンJr.を残すのみ。
親友シルバーマンを失い、裁きの神の判決の元行われた対決で親友を失い、ザ・マンとどこかで
深く繋がり、タッグ編に強大な敵として立ち塞がった完璧超人を育成してきた実績を持つサイコマン。
 ガンマンの敗戦、ネメシスの異変、予想だにしなかったジャスティスマンの敗北宣言。
現在の超人閻魔が抱く理想に最も近い思想を持つであろう彼が織りなす試合展開は・・・!?
個人的に完璧超人始祖、超人界で一・二を争うであろうと思っている指折りの実力者の動向やいかに!
 気になる次回は・・・数時間後ですね(笑)あと、サイコマンの三人称を彼にすると謎の違和感が。

第149話 "正義(ジャスティス)"が認めた"正義"!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

キンプロ第15弾カード紹介その2

 昨日11月6日(金)に発売したキンプロ15弾。皆様いかがお過ごしでしょうか!
キンプロ新弾発売、本日大阪で行われた熱戦の興奮冷めやらぬ中、今日もカード紹介です。


 まさに今弾の顔、獣神サンダー・ライガー選手!キンプロ界に君臨した怒りの獣神、スキルは
チームをJr.ヘビー、新日本本隊で編成したならば無類の強さを誇りそうです。
リーグがスタンダードならば最高で+8、タッグならば+9という高い能力アップが狙えそうです。
 また、シングルリーグならばJr.ヘビー級選手一人ごとにスピード+☆☆という、
最高でスピード+8を期待でき、全てのリーグにおいて暴れてくれそうです。


Jr.ヘビー級選手が多いほど高いパワーアップを狙える本ブーストカード。
ライガー選手が使用したならば一定確率でパワー+5と、パワー8から9の上昇を期待できます。


 他にもレアリティRRでロメロスペシャルが登場。
ライガー選手の技巧が光る大技だけに、垂直落下式ブレーンバスターのパワー上昇と打って変わって
こちらが上昇するのはテクニック一辺倒ですが、まともに発動すれば合計テクニック+12を狙えます。
 本隊を中心としてJr.ヘビーデッキの強化となった本弾。ロメロスペシャルを用いて並みいるJrヘビーの
強敵を打ち崩すことは可能でしょうか?ライガー選手の目が黒いうちにはJr.の主役は譲れません!


 悲願のBOSJ優勝を成し遂げたKUSHIDA選手がRRRカードとして登場!
自身の強化と、以後の試合に出場するJr.ヘビー選手を強化する能力を併せ持つカードですね。
Jr.ヘビー級の年上選手は新日本本隊に絞るならば田口選手、本弾で初参戦を果たしたライガー選手、
タイガーマスク選手(初代、四代目ともに)・・・と、選択肢はそこそこ揃っているので、スキル発動において
使い辛さを感じる部分は少ないかもしれません。
 グレード3に置いて勝利を収めたなら、二つ目のスキルが真価を発揮するのはグレード4か5の試合。
試合に勝たなくてはならないという前提こそありますが、今回のRRRライガー選手に力を託すという
大きな役割を果たせるかもしれませんね。
 二人は昨年度のBOSJで熱いマイク交換を行いましたし、更にはライガー選手はKUSHIDA選手にとって
子供の頃からの憧れの存在。現実のJr.ヘビー界はもちろん、キンプロ界でもJr.ヘビー界隈を大きく
盛り上げて欲しいですね!


 キンプロでは11弾からコスト3のブーストカードが登場してきましたが、とうとうKUSHIDA選手の
ホバーボードロックも強力な効果を発揮するコスト3のカードで登場!
 12弾で登場したホバーボードロックと発動条件は異なり、3つの効果を発揮。
2つの発動条件はKUSHIDA選手が使用すれば難なく発動を狙えます。
チーム編成やコストの条件によって12弾のホバーボードロックと使い分けるのがベストかも。

 KUSHIDA選手、ライガー選手の登場で本隊Jr.ヘビー編成が大きく強化されました。
使用感が分かってくるのはこれからですが、彼らの登場がキンプロ界を明るい未来に連れて行くことが
できるでしょうか?Jr.ヘビー選手にもまだまだ人気選手が多く控えているので、これからにも期待ですね!

テーマ : キング オブ プロレスリング
ジャンル : ゲーム

人ってのはなあ・・・自分の間違いを認めて どこまでも完璧を目指していくもんじゃねぇのかよ!

胸に輝くシルバースターは愛と勇気の勲章!

 ロープ、コーナーポストを身体に巻き付け放ったテリーマンの新技「テキサスツイスター」。
両腕を負傷した彼が見せた奇策で、難攻不落のジャスティスマンからダウンを奪い取る。
好敵手アシュラマンの仇討ちにやって来た本懐を示すかのごとく、立ち上がるジャスティスマン
めがけて立て続けてテキサスツイスターを放つテリー。しかし、今度ばかりはジャスティスマンの
手刀によってあえなく切り裂かれてしまい―

金髪が風に揺れ 砂ぼこり舞いあがる!
 霧が晴れると、ジャスティスマンの背後に回りフィニッシャーへ入らんとするテリーの姿が。
短時間で計算し、身軽に立ち回った彼の動きに驚きの色を隠せないジャスティスマンに対して
テリーはフィニッシャー、カーフ・ブランディングを遂に決める!
 勝負は決まったかに思えたが、ジャスティスマンの頭部は強固な硬度を誇ることは
前の試合で誰もが目にしていた事実であった。激情とも呼べる感情の流動で爆発的な力を
見せる正義超人、悪魔超人も、その名の通り完璧を体現する完璧超人始祖に敵わないのか。
 ジャスティスマンはテリーマンの右足をアンクルロックで完全粉砕すると、これまでに見せてきた
彼の底力を試すかのように「ジャッジメント・アヴァランチャー」で間髪入れずに両腕を完全破壊。
何度も窮地に陥った彼を奮い立たせてきた象徴でもあったスターエンブレムの光も消え、
絶体絶命の危機に瀕したテリーを見るなり、ジャスティスマンは確信する。始祖が標榜する
盤石の構えの前には、どんな奇跡の力すら及ばないと。

正義という名の砦を守る為―
 両腕を破壊され、右脚をも破壊された。残る左足は大きな負担がかかる義足。
満身創痍の中、残る頭部でジャスティスマンにヘッドバッドを喰らわせながら、彼らの唱える
完璧の在り方に異を唱えるテリーマン。声を張り上げ、必死の抵抗を続ける彼の顔面を捉え
デスバレーボムを以て彼を沈めるジャスティスマン。
 残る裁きの技は一つ。テリーマンの両脚を掴みながら空中へと飛び上がるジャスティスマン。
親友、キン肉マンが必死にテリーマンに向かって叫ぶ中、裁きの奥義が容赦無く放たれる―!


 テリーの死亡が秒読み・・・といった引きで終わった今話。今さら思いましたが、
ジャッジメント・ペナルティは足四の字固め、ブレーンクローを複合させたかのような技ですよね。
ストロング・ザ・武道が闘っている時にも思いましたが、昭和プロレスの必殺技を完璧な技にまで
昇華させた、言わば原点にして頂点的存在感が必殺技にも及んでいる気がします。格好いい!
 泥臭くても良い、地味と呼ばれても特殊なギミックが無くても、テリーマンの男気溢れるファイトは
本当に格好良いと思います!正統派プロレスを得意とする二人の対決がもうすぐ終わってしまうのは
残念ではありますが、最後の最後までじっくりと二人の対決を見届けたいと思います。
 テリーマンはこのままやられてしまう気もしますし、奇跡的に技を回避する予感も。
「痛んだ義足」がキーとなり、この点を利用して何とか技から回避できないかな?とも思いますが
それから後の展開が全く分からなくなってしまいますが・・・(汗)
 王位争奪編ではタッグ編の出番の多さも影響してか最終決戦に駆け付けることが出来ず、
活躍の機会をロビンやラーメンマンに取って変えられてしまったテリーマン。それだけに、
裁きの神と異名される完璧超人始祖から何とか勝利を挙げて欲しいところでもあります!
 気になる次回は来週月曜日!テリーの運命はどうなる!?

第148話 磐石なる仇敵!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR