いつかお前が''奥義''を完成させる日を その技で私を倒す日を 楽しみにしているぞゴールドマン

神さえも砕いた強固な意志!その時、''男''は――

 悪魔将軍対超人閻魔戦、遂に決着か――な回でした。ラストシーンで立ち上がりながら
微笑む閻魔、もといザ・マンと煽り文の「微笑!?」を見て岸田劉生の『麗子微笑』を思い出しました。

 地獄の断頭台を閻魔に返されることを想定し、そして新たなる力を確かに手に入れた今、
絶対的強者であった閻魔を克服して新技『神威の断頭台』を放ってみせた将軍。
決して大きく飾ることなく、地獄の断頭台の上位互換としての雰囲気を醸し出すあたりは流石です。

 閻魔の抵抗虚しく神威の断頭台が決行される中、これ以上の抵抗は無意味=将軍の力が自分を超えた
と判断したのか。超人閻魔自身がかつての始祖と交わした遠き日の約束を述懐するシーンが染みます。
つい2話ほど前に、「姿を変えても心のどこかで変わらない部分がある」ことを匂わせた閻魔の言動。
賢人ザ・マンは死んでいなかった。どこかに封じ込めていたように感じられましたが、
将軍が夢見ていた「師匠超え」がまさに達成されそうな最中に過去の日々を思い出すあたり、
自分の言動に責任を持ち、弟子たちに期待を寄せていた生真面目な男としての影が見られます。

 技を受け倒れる閻魔。その表情は血眼で他を圧倒する暴君のものではなく、慈悲深き微笑み。
砕ける剣道面。あらわになるザ・マンとしての顔。それは外見上の変化ではなく、
超人閻魔の仮面を被ったザ・マンの凍てついた心が将軍によって解放されたとも見て取れそうです。
同様に「外見と内面の変化を描いた」のはマーベラス戦におけるラーメンマンもそうですが、
このあたりの演出も絶妙なように思えます。

 神威の断頭台を受けながら再び立ち上がるザ・マン。目的はただ一つ。相手の討伐ではなく
確かに師匠越えを果たしたことを、師として弟子に直接伝える為だと思われます。
ジャスティスマンの思想がかつてのザ・マンに近しいものであったように、これ以上賢人ザ・マンには
愛弟子の直接的な師匠越えが達成された今、戦闘の意志と意味は無いと思われます。


改めて想う「ザ・マン」という男とは
 満足げな笑みを浮かべ、リングに横たわる男。
 彼は死ぬことが出来無い男。
 超人たちの頂点であり続けた男。
 超人たちの限界を知ってしまった悲劇の男。
 厳選した始まりの祖である弟子たちはいるものの、彼に友はいない。
 神の座を降り、暴君に身を落としながらも、絶望と悲劇の裏返しだったのか
 根底には生来の生真面目さが息づき続けていた
 永遠を孤独に生きる一人の、男。

 彼が初めて敗北を知ることの充実感。自分を超える者が出てきたという喜び。
それは期待を寄せていたかつての愛弟子。地上へ降り、命を落とし、悪魔に魂を売っても、
最終的に唯一の強者で君臨し続けた自分を超えてみせた。この喜び、敗北による笑みも頷けます。
一通りシリーズが終わった後に、またザ・マンらについて掘り下げるお話が見てみたいです。

 一連の歴史、将軍との抗争。様々な意見があるかもしれませんが、今回の''ザ・マン登場''は
単なる力のインフレの応戦ではなく、相互に心に火をつけ、魂を呼び込む一戦であったと思っています。

第205話 真の奥義!の巻
スポンサーサイト

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

己ではもはや止まれぬ貴様の歩みも息の根も 私の全人生をかけた宿命…ついに果たすべき時がやってきた

金剛石を越える輝きで 新時代開拓の風が吹く!

 いよいよ史上最強の名を欲しいままにする二人の頂上決戦も大詰め。
硬度10を超える力を手に入れた悪魔将軍の「ロンズデーライトクローズライン」を、
身を傷つけながらも耐え、奥義へと繋げてみせた閻魔はやはり規格外としか言いようがありません。

 閻魔が奥義を放ちつつ言い放った「さあ見せてみろーっ悪魔将軍となったお前の力をーっ!」
「ああ見るがいい貴様を滅ぼすこの輝きを!」の相対する掛け合い、格好良いですよね。
お互いの存在と現状を理解し合い、力を認め合っている間柄だからこそという感じがして……。

 完璧・零式奥義「千兵殲滅落とし」が炸裂し、結果として将軍は耐えきり、閻魔の膝が
砕け散るという結果になりました。地獄の断頭台へと移行しつつ放たれた将軍の言葉の数々。
ザ・マンという慈悲深き賢者の男は、選りすぐりの始祖たちの力を以てしても頭打ちを知り、
壮絶なる絶望を覚え、暴君と化し……そして何より、死ぬことが出来なかった男。
再三話題に出しましたが、本シリーズのテーマの一部でもあった「師匠を超える弟子」を
今この瞬間に実現させ、あまりにも長い時代を終わらせる役目を将軍が担っているのだなぁと。

 余談ですが、地獄の断頭台を喰らった閻魔は剣道着が崩れてザ・マンボディが出てきそう
使命のもとに新たなる力を手に入れた将軍。次回はおそらく決着になる……と思いますが、
果たして容姿だけではなく、閻魔はザ・マンとしての心を完全に取り戻すことになるのでしょうか。
キン肉マン対ネメシスの一戦もそうでしたが、力で相手を乗り越えるだけではなく、己の立場を示した
上で、対戦相手の凍てついた心を救済すること。ここにも本シリーズの醍醐味があると思います!

 気になる次回は約30分後!

第204話 硬度10♯の行く末!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

このような仮面をつけ当時と違う名を名乗っても……それだけは偽りのない真実だ その芯だけは変われもしない

新たなる進化と変わらぬ心の真価!!

 約1時間半で書いた記事を誤って削除してしまったので簡潔にまとめます!

 将軍が手に入れたのはロンズデーライトパワー。ダイヤモンドパワーを超える力のネーミングに
相応しい、六方晶ダイヤモンドとも呼ばれるその存在。 限定的な状況下において発揮されたこの力には、
将軍が下界へと下野して始祖が頭打ちしていた「限界」を突破した象徴とも呼べそうです。
 また、その契機となったキン肉マン戦での敗戦。悪魔六騎士と共に超人界を制圧しかけた時に
知った友情の大切さ、そして感情。根源的に感情が存在しない悪魔将軍は始祖にも使いこなす
ことが出来ない力だと悟りましたが、古代から続く始祖たちの使命を胸に抱き、そして超えるべき
存在である元師であるザ・マンと対峙することでその真価を発揮しました。
師匠は超えるべき存在。そして、下等超人の進化は成ったと伝えるべく、己自身がザ・マンを
越えていく。将軍の胸にはかつての仲間たちの意思と、師への想いがあり、己を変えた――
 将軍が語りながらリング下のキン肉マンを見る一コマは、将軍が変わったきっかけを
凝縮したかのような秀逸なシーンで思わずグッときました。将軍の狙いがキン肉マンではないのは
単に復讐の為に蘇った為ではなく、大志を抱いているからでしょうか……

 ロンズデーライトパワーを前にした閻魔が「下等超人に成り下がりおって」と言いましたが、
ここもまたポイントですね。
 感情を排し徹底して生きていた始りの存在たち「完璧超人始祖」が、下界の超人たちに生まれた
イレギュラーな力の存在とその根源が感情であることに気付き、超人における進化だと悟った。
 正義・悪魔超人らに敗れた始祖たちの数人は、後世に生きる超人たちの未来を託し
満足気にダンベルを託してこの世から、そして戦線一切から去って行った。

 頂点に座す始まりの男たちが至れなかった境地を、下界の超人たちが辿り着いている。
それは脅威ではなく、真に喜ばしい進化。始祖たちは超人たちが絶滅した瞬間、あるいは
超人たちが成熟し進化するに至ったと判断した時にダンベルを祭壇に集めて消滅すると
決めていましたが、サイコマンの手によって始祖全員消滅が無くなった今、将軍が始祖とは
何であるかを示し、仲間の意志を汲み、超人の進化が如何なるものであるか、
自分自身が体現することでかつての師を超え、語り掛けているように思えます。

 彼と対峙する閻魔もまた、どこか穏やかな両眼や将軍の手に入れた力を歓迎する素振り、
再び最大の力を以て耐えてみよと最後の審判を宣言するシーンには、賢人ザ・マンの姿を
思わせます。ゴールドマンが破壊した閻魔の装甲から覗くのは、ザ・マン時代の鎧。
真実を見ぬく真眼の持ち主であるガンマンが見た和装の暴君の姿ではなく、やはり
閻魔の心境にも何か変化が訪れているのでしょうか。


 あと新技「ロンズデーライトクローズライン」。アメリカではラリアットをクローズラインと呼称される
そうです。今回だけでも色々と勉強になる要素が多かったですね!

 「ロンズデーライト」を超える硬さの「ウルツァイト窒化ホウ素」の存在も確認されていますが、
これを閻魔が会得する、というよりもダイヤモンドパワーの進化を表現するのに最も相応しく
命名されたと思われるので、特にこれ以上の硬度合戦は無いのでは?と予想しています。

 普段と形式を代え、内容部分の詳細を書かずに感想部分を多くまとめました。
普段から作中内の様子をちらっと書いてますが(ちらっと?)こういう形式もいいですね……
次回から今回のようなスタイルに変えて行こうか検討中です。

第203話 悪魔将軍の底力!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

その約束…今こそ叶える時が来た 私はダイヤモンドを超えてみせる!

神をも超える 愛弟子の底力!
 万事休すと思われた将軍に、無尽蔵のエネルギーが沸き上がる。
それを友情パワーによるだと見做したキン肉マンだが、バッファローマンはそれを否定する。
この将軍の力の正体とは、一体何なのか――!

悪魔将軍と情!!
 バッファローマンに続き、サンシャインまでもが正義超人と手を合わせた者として
友情パワーの存在を肯定する一方で、悪魔将軍に生まれたパワーがそれではないと否定する。
 悪魔超人軍の原動力はこの世への反骨心、劣等感、憎悪ら負の感情。正義超人らと
関わり浄化され反転した部分はあるものの、悪魔将軍にあるのは「使命感」のみ。
すなわち情が存在しないと言い放つ。その裏付けには正義超人になれなかった彼の弟、
シルバーマンの存在が示唆され。完璧超人であるが故に常に使命感のみで動くこと述べる。

弟子に託された想い!
 ガンマン戦で受けた勅令「神をも超える力を手に入れろ」。この神とはザ・マンを示しているのでは
ないかという疑念を抱き、そして情に起因する力を自身に託したのだと思惟するバッファローマン。
 ザ・マンとゴールドマンの数億年にも及ぶ因縁。下界の超人が胸に抱く情。これに等しいものを
抱く可能性があるとすればその相手はザ・マンだけであると、さらに力を込めて語る悪魔将軍。
 過去の日。ダイヤモンドパワーを身に着け、互角に渡り合う愛弟子を褒めるザ・マン。
対するゴールドマンは、現状に決して満足せず更に上を目指す決意を口にする。
投げ技へと切り返されダウンを奪われるゴールドマンだったが、ザ・マンは地上に降りた意味を
反芻し、そして固く握手を交わす。師匠を超えることが弟子の務めであると。
 そして今、手四つから、超人閻魔の腕を抱え込む悪魔将軍。眩い光と共に放たれる叫び。
「チェンジ硬度10♯」と――!弟子が師匠を超える瞬間、今まさに!


 悪魔将軍が師匠越えを果たすか!?という怒涛の回。新技に繋がりそうな予感に胸熱です。
シルバーマンが正義超人になれなかったという例が出たように、完璧の名を冠する完璧超人だけに
目指す領域に努力の結果が出なかったと言うよりも、根源的に不可能であったというちょっとした
衝撃が個人的に走りました。完璧なだけに情を持たず、それ故、情を使うことは出来ない……
将軍様がパイプ椅子を振り回したり、キン肉マンを恐れてぶん殴ったりしたのは黒歴史です。多分。

 長きに渡る深い因縁だけに、情に近い情感を師匠であったザ・マン抱いている悪魔将軍。
過去の約束を胸に進化を遂げた硬度10#。唯一無二の領域に至れたのも、決して一人では
不可能だったことでしょう。彼らの因縁を眺めていると、本当に色々と考えさせられますね!

 気になる次回は約15分後。新たな力を見せた将軍に対して、閻魔は……!?

第202話 弟子の務め!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR