2013年夏アニメまとめ

放送終了から半年。リアルタイムでチェックしていたふたりはミルキィホームズ視聴完了から
ネプテューヌ視聴完了まで半年かかってしまいましたが、2013年夏アニメの感想です。


・ふたりはミルキィホームズ
都市伝説的な存在と化したミルキィ。アニメ1期、2期にも触れつつもやや黒歴史っぽい扱い。
いつ4人がトイズ取り戻したのか不明ですが...。原作ゲームから姫ちゃんこと姫百合の登場。
物語終盤で判明したトイズを使いまくりだったけど出番が少なくてちょっとがっかり。
他にも原作から小林がまさかの登場。神津とユタカも出してください(懇願)
作風はこれまでのギャグが少々抑えられつつも、アルセーヌのボヨヨンは健在。
本作品でデビューした伊藤さんの今後の活躍に期待。そして原作にも期待。3出るかな。
十津川さんの声優さんの中上育実さんの演技が上手と思いました。てか十津川どこいった...
アクションやシリアスはあるけど怖すぎず、新規視聴者で小さい子がいてもすんなり入れそう。


・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
個人的にお勧めの夏アニメの一つ。学生時代の黒歴史的意味で心臓の悪い方にはお勧めできない!?
2次元の女子高生の常識を覆す喪女のぼっちキャラクターが主人公という異端な作品。だがそれが良い。
典型的なぼっちキャラで視聴者の心をえぐるえぐる。奇抜すぎるネタの連続は本当に面白かった。
元ネタがわかると笑えるネタもかなり多く、若者あたりは結構すんなりネタがわかるかも。
ギャグや妄想で暴走する主人公もこっちを演じた橘田いずみさんの演技力が更に作品を盛り上げます。
さようならを言えるようになってきて成長を見せたもこっち。部屋の友達?も増えてる点も必見。

好きなエピソードは夏休み話、そして文化祭を舞台にした11話が好き。
最終回はこれまでを振り返って...疾走感あるラストで結構好き。弟はガチのイケメンでしたねぇ。
ちょっとしんみり。でも暖かく終わった11話、疾走して終わった最終話。両方好き。
もこっち大人になったら可愛くなるタイプかもね。今中学生以下の子たちは結構プレッシャー重く
のしかかるんじゃないだろうか。でも高校はそんなもんだよ(いい笑顔で)

2期を待望する1作。原作も気になるから近いうちに買います。


・進撃の巨人
アニメ開始前の時点で人気作でしたが、アニメスタートを機に一気にファンを獲得した一作。
紅白にも主題歌を歌った方が登場。アニメ映像付きであれは驚いた。
作品はよく動き、綺麗。アクションシーンも躍動感があってかっこよかった。
原作の魅力をふんだんに引き出したと言いたいけど原作未読だから買わなきゃ!
派手なアクションの他にも謎を秘めた世界観も魅力の一つ。原作の続きが気になる!


・とある科学の超電磁砲S
1期放送終了から約3年の時を経て再び超電磁砲登場。原作だとかなりの急展開を迎えてますが...
以前から気になるポイントとして挙げていた、約5年の時を経て生まれ変わった上条さん対一方さんの
バトルがとにかく格好良い。バトル描写も禁書目録の時とは違いがあるもののここだけでもBD欲しい。
更には声優さんの演技も更に上手くなっていて迫力が増してましたね!

バトルや学園都市の闇へ潜入するバトルパート以外はおなじみの日常パートでほのぼの。
ガールズトークは3年前に見た超電磁砲の魅力そのまま。メリハリが凄く良かった。
原作も大盛り上がりだけど早いうちにまたアニメをやってほしい所。
ファミレスに平然といた麦野らアイテムの面々がお気に入り。実力派若手声優陣の声がぴったりと合い
イメージ通り。他にも婚后さんが出番が増えて準レギュラー化。これは見所も多く正解!

原作でもその後が不明だった布束さんのエピソードが放送されたので嬉しかったです。
超電磁砲メンバー集結で最終回。最後は大スケールの超電磁砲を撃ち、再び日常へ。
圧巻!最高!挿入歌ラッシュもよし。


リコーダーとランドセル
短い時間で手軽にみられる、ゆるい作品!と思いきや設定が濃い。あと声優陣が何気に凄いぞ。
見た目はイケメン青年!頭脳は小学生!普通に同級生のみんなと遊ぶ描写なんて結構笑える。
テンポも悪くなく結構好きな作品でした。そしてまさかのお化け屋敷しばいぬ子さん
竹書房アニメの続編待ってます!!


空の境界
2010年、高校1年生の16歳の時に小説読んでました。だから懐かしい!という気持ちや
断片的に覚えていたシーンが大迫力で映像化されていて凄いの一言に尽きました。
原作、何故か上中下巻の下を買っていなかったので買いに行きたいなぁと。
基本的に1章あたり2話完結に収められていたので見やすかった!


君のいる町
「涼風」の作者さんの作品だったのね。広島なまりだ!東北なまりだ!すごい!
主人公の周りの登場人物がやたらとイケメンすぎる。主人子もイケメン化するけど
原作とは構成が大分違うらしい。単行本の多さの割に全12話。原作を見なければ
わからない所がかなり多そう。原作を集めたくなってきたぞ!

一部のエピソードは感情移入できず、よく分からないまま見てきましたが
最後はメインヒロインと主人公がちゃんと付き合えてよかった...のだろうか。
レーサーの友人の死後、彼について作中では特に触れられず。風間少年かわいそす。
登場人物の動機がよくわからなかったりしたのは恐らく原作を大幅にカットしているのが
一番の要因かも。原作を読み込んだらまた感想は変わるかも。女の子は可愛かった!
とにかく、原作をしっかり読んでみないとわからないと思うのでチェックしないと!


・恋愛ラボ
夏アニメ作品でお勧めの1作。周りがやたらと勧めてきたので見始めた作品。
見てみてその理由はわかった気がする。キャラクターの表情が豊かに動いてすごくいい。
これはじっくり見てみないと。さらによく動くよく動く。キャラが濃く、それがまたいい。
お気に入りエピソードは7話。「馬鹿じゃないのか君」、「お前の前世」、「漏れた」など...
時折回想を中心に登場するニートお兄ちゃんとか好き。

ラスト2話程で一気に締めたのが良かった。暗雲が立ち込めるのが12話、一連事件の解決が13話と
ドロドロした雰囲気を引きずらずにギャグも味方して、最後には平和でよかった!!
本当に面白かった。2期に期待したい。

・超次元ゲイム ネプテューヌ
フェチ心をくすぐるアニメ。人によるけど。細かい仕草の描写までこだわりを見せるスタッフGJ。
これは言われて気付いたけど、一人ひとりの好きなキャラクターだけを見てても面白いくらい細かい。
原作はゲームだそうで。パロディネタは原作でも健在なのかな?土管、キノコ、亀とマリオっぽい
世界でむじゃきに遊ぶ登場人物で思わず笑った。メタ発言の他にもナス回や最終回は最高。
構成自体はアクションバトルパートはとにかく王道。姉のピンチに覚醒する妹たちに、主人公たちの
ピンチに駆けつけるライバル的ポジションのキャラクター。ベタかもしれないけれど良かった。

それにしても声優さんの通常時とバトルで覚醒する時の演じ分けが凄まじいレベルだと思う。
最初観た時別人じゃないと知ってびっくりした。主題歌を歌ったNaoさんキャラの登場にはびっくりした。
歌以外は声優さんかと思いきやNaoさんだった。演技すげぇ。あと「糸」のカバー曲も最高。
見終わった後に設定を調べてたらゲーム関連のネーミングや世界観なのか!何気に奥が深い。
オープニングは最後のあたりに映像だけ変わりましたが、そっちの方が好き

実は友人の「Naoさんが主題歌歌ってるよ」の一言で2話放送時くらいからチェックし始めました。
もしそのまま視聴していなかったと思うと気付かぬうちに人生損したかもしれない...。
ゲーム原作のアニメはイマイチなイメージがありましたが見事にひっくり返されました。普通に
面白かったです。よーく調べたらジョジョと同じ製作会社みたい。神アニメ?いいえ女神アニメです


個人的にわたモテ、恋愛ラボ、ネプテューヌの3強だった2013年夏アニメ。かなり良かったです!


<<好きな曲>>
・ぐろーりーぐろーいんDAYS(ふたりはミルキィホームズOP)
・そこらの着ぐるみの風船と私(わたモテ11話ED)
・リンクス(とある科学の超電磁砲S後期ED)
・Best FriendS(恋愛ラボED)
・ネプテューヌ☆サガして(超次元ゲイム ネプテューヌED)
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR