遠慮なく私を討て

果たされるべき 約束の時は来た!
 ネプチューンマンと超人閻魔。二人が対峙し、両雄が交戦を開始すると
思われたその瞬間。轟音を鳴り響かせ、自ら地に降り立った悪魔将軍。
全ての終わりが始まる瞬間、終焉の足音は迫る―!?

信頼関係があるからこそ 超人を愛するが故に!
 全ては変わってしまったと超人閻魔を前に感嘆する悪魔将軍。
対する超人閻魔は完璧超人の使命が変わってしまったことを口にするも、悪魔将軍は
やはり超人閻魔こそが変わってしまっていること、過去に自身が超人墓場から離れようと
決めた日に起きた出来事、過去の二人の会話を述懐する。
 太古の過去。超人墓場を睥睨するザ・マンに対してゴールドマンは語り始める。
下等超人の中に新たなる進化の可能性があることを。ザ・マンは拾式・サイコマンによって
その可能性が否定されたことを指摘するも、それは一種の同属嫌悪に近いものであり、
進化に最も近いのも彼であることを認める。そして、シルバーマンの影響によるものなのか
それを恥じ、マグネット・パワーの研究に没頭していることも―
 ザ・マンが標榜する理想に限界を感じ変節を始めていること、それを始祖内でも見て見ぬ振りを
している者が多いこともゴールドマンは続けて指摘する。だからこそ、自らが下界へと
降り立たなければ誇り高きザ・マンの理想は道半ばで頓挫し、墓場が凋落してしまうことを
懸念しているとも語ったゴールドマンに対し、ザ・マンは一定の理解を示し、そして頷いた。
下界の下等超人の本質を見て呆れて帰ってくると良いと。
 超人を愛したがゆえに下界へと降りた男の言葉とも思えんというゴールドマンの弁に同意し、
俯きながら肯定するザ・マン。熱意に溢れた男の勇姿は、やはり今や変わり果ててしまったのか―
ザ・マンはゴールドマンへ、もしも自分の判断が間違っていたのならばそれを告げに来て欲しいと
意志を示した。その意志の根底には今も超人たちを愛している想いがあるが故。
 やがて自らの一番弟子であるゴールドマンにこそ、背中を向けて慈悲深き男は語った。
もし聞く耳を持たぬ老害となった時には 遠慮なく私を討てと―

真に処すべき相手は―
 初めて自身に異を唱えた男に対し、結果として地上行きを許したザ・マン。
愛弟子の思想に対して深い理解を示した高潔なる男の慈悲。それこそが最大の過ちであったと
目を血走らせ、殺意を放ちながら語る閻魔。悪魔将軍の両目は光輝き、約束の時が来たと
確信する。いよいよリングインを果たした彼を前に、ネプチューンマン、ピーク、ネメシスが
立ちはだかる。閻魔の有り方に異を唱えたものの、閻魔を守る使命を忘れてはいないと
ネプチューンマンは語る。息を呑む正義・悪魔陣営を前に、閻魔は身を乗り出し歩み始める。
 掟に背き今を生きる完璧超人たちの処刑は一旦保留し、まずは眼前に立つ最大の弟子にして
始まりの過ちを生むきっかけとなった男、悪魔将軍を処さんと―!



 悪魔将軍が立ち上がり、超人墓場への侵攻を開始したのが記憶に新しいところですが、
ザ・マンに対して一方的な想いを形として示す訳ではなく、過去において賢人ザ・マンと
愛弟子ゴールドマンにおける聡明な男たちの約束が果たされていた、と「超人閻魔対悪魔将軍」
の戦いをより一層意味づけ、このシリーズにおける両者の過去と現在における立場を
より明確にする大きな意味を持った今回のエピソード。とても格好良く、素晴らしい流れです。
「遠慮なく私を討て」と、背中で語った台詞の素晴らしさはなんとも形容できません。

 途中で語られたサイコマンについて。確かに劇中でも気丈に振舞いながらも、時折表情豊かに
並々ならぬ想いや熱意を覗かせた彼。シルバーマンとの狭間で、マグネット・パワーの研究に
没頭していたことも語られました。「もしも」があるならば、超人閻魔の良き理解者であった
彼の立ち居地も大きく変わっていたのかもしれませんし、誰よりも強く世界平和を全うできたのかも
しれません。始祖は劇中で死亡したり消滅したりですが、回想や追憶によって新たに
深みを増していくこの感じ、なかなかいいですよね...!

 悪魔将軍のリングインシーン、ミラージュマン戦におけるリングインシーンと似てましたね。
いきなりジャンプしてリングに飛び込むよりも、堂々とロープを跨ぐ姿がしっくりくるかも
しれません。堂々とした話術、一挙一動と魅せ方も格好いいですね!

 突っ込むのも少し野暮かもしれませんが、満身創痍でも超人閻魔を守ろうとしたネメシス。
閻魔前に這って出てきた彼は間違いなく次のシーンで歩みだした閻魔に踏み潰されてそう
で怖いですが...閻魔さんも上手に避けてくれていることでしょう。
 きっと伏線も回収してくれることでしょうが、ネメシスとキン肉マンがどこで出会っていたのか、
このあたりも解明されると嬉しいですね!嬉しいですね!...大丈夫かしら。


 2016年も、キン肉マンの熱い戦いと展開が続きました。嶋田先生の秀逸なシナリオ、
中井先生やアシスタント、スタジオエッグの皆様による美麗な作画。今年も本当に盛りだくさんな
内容を楽しませて頂きました。月曜日深夜0時、更新を楽しみに頑張って来れました!
来年でいよいよ現シリーズも最終回でしょうか?サブタイトルは決定するでしょうか。
これからも見逃せない、平成29(肉)年のキン肉マン!楽しみですね!
 次回更新は1月16日月曜日!来年もキン肉マンを全力で応援します!

第193話 あの日の約束…!の巻
スポンサーサイト

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR