キン肉マン新シリーズと、敵について考える

 ミート君と委員長の会話で過去の回想、キン肉マンとの信頼関係が語られた新シリーズ初回。
その最後を飾ったのは、エアーズロックに登場した謎の男。

 落雷と共に大地に立ち、ストロング・ザ・武道の象徴ともいうべき竹刀を握り潰した謎の男。
その容姿の全貌はローブによって包まれ未だ不明。果たしてこの男は――


 と、いうことでちょっとした予想をまとめてみることにしました。絶対外れるけどな!(バァーン)
・落雷と共に大地に立つ
 短絡的ですが、前後のシーンとも合わせて「天から降りてきた怒り」「激しい存在感」を感じます。
間違いなく彼こそがシリーズの敵であり、この鍵を握る男と言っても過言では無さそうです。
過去にも運命の5王子が邪悪の神の加護を受けて登場した際も落雷でしたよね。

・竹刀を握り潰す
 ストロング・ザ・武道(=超人閻魔、ザ・マン)が持っていた竹刀。これを握り潰したという描写は
ザ・マンに対する明確な憎悪、並々ならぬ関係性の寓意的描写であるのは想像に難くないでしょう。
 ザ・マンの志を知り、傍観を決め込んでいた。しかし、途中で超人閻魔と名を変え、
軌道を大きく転換させた彼の政策の結果は愛弟子による敗戦と、計画の全頓挫、そして和解。
 竹刀を握りつぶした謎の男の胸中はそんな不甲斐ない結果に終わったザ・マンへの怒りか。


 そう、総括し結論を出すと新シリーズの敵は
天上界の現役の神、そして彼が率いる天使たち
になるでしょうか(あくまで個人的な予想ですが……)



 以下は例によって私の妄想です。
 既存の人物で、新シリーズのボスの座にあてはまる超人がいるとすると……彼しかいないでしょう。

  男は未来を知る。
  全知全能の男である。
  彼は何故未来を知ることが出来たのか、それは彼自身が未来を掌握しているからである。
  男の筆と紙は新たなる命を生み出し、彼らの運命を操作することが出来た。
  時に歴史を動かす偉大なる人物を下界に意図的に誕生させ
  不都合があれば著書を破り捨て焼却することで全てを抹消し、陰から歴史に干渉し続けてきた。

  高潔な男である盟友ザ・マンが下界へと降り、彼をよく知る男は下界で自由にさせると決めた。
  信頼ゆえに。男ならば間違いは無いだろうと心から信頼していたから。
  だが、イレギュラーが発生し、結果としてザ・マンは超人閻魔へと身を落とした。
  しかし彼ならば――信頼を寄せる男は右顧左眄しながらも理想郷へと行きつくと信じて。
 
  彼を見届けていた男は知ってしまった。
  この世に自分以外の絶対は無く、信頼していた盟友も理想郷を建設することは無かったと。
  かつての盟友をも惑わし、己が見た運命をも変えてしまうイレギュラーが発生している。
  怒りに震えた彼は、裁きの名のもとに超人界に鉄槌を下すと決意して降臨する。

  自らが世を正すために。
  自分が知る未来へと形を正す為に。

  ――ところで、この物語はキン肉マンの手によって紡がれてきた。
  彼が信頼を寄せ合うお目付け役のミート、そして仲間の超人たち、好敵手の男たち。
  彼らの出会いは偶然だったのか?
  彼らの勝利は偶然だったのか、それとも奇跡だったのか?
 
  答えは、’’ある男の手によって全て必然’’である。

  全ては、全ての未来を掌握し管轄する男の手によって予め決められている。
  男が執筆した 超人予言書の運命に。

  時に存在を焼却することも可能な予言書の記述は絶対である。
  これは――運命に抗う物語である。



 わぁい妄想癖と厨二病発揮!たーのしー!
なことで、個人的な予想としては
 超人予言書の著者が出てくるのではないかなーと思っています。
    で

    す

    が
 超人予言書の著者はキン肉族の祖先らしいので、
著者=天上界の人物ではなさそうですよね。
 だけど燃やせば超人の存在を抹消でき、記述通りの運命が待ち構えている予言書は本当に恐ろしいので
予言書の著者は神なのではないかなーと思っています。キン肉族の祖先、何者だったんだ……
(キン肉族の祖先と素性を偽っていた可能性もありますが、この辺りは私の妄想に過ぎませんね!)

 書いてから今更気付きましたが、予言書の著者が下界に腹を立てた際に
予言書の特定のページを燃やしまくればキン肉マン(作品)が終わってしまいますよね…
予言書自体は真弓さんが持っていた筈なので多分大丈夫でしょう、うん。


 あとは本編のちょっとした要素について触れますが、委員長とミート君の会話の内容的に
・ミート君が敵の手によってキン肉マンと離れ離れになる
・鍵を握るもう一人の人物は悪魔超人軍にいるバッファローマン
 という感じの展開になるのではないかなーと思います。

 バッファローマンは後々正義超人軍に戻ってくると思いますが、ミート君の不在があるとすれば、
自らの罪滅ぼしとばかりに戦場へと戻ってきそうな予感がします。「いかにして、何故戦うのか」、必見です。

 あとは現時点で死亡しているロビンマスク、アシュラマンらがどうなるのか気になります。
超人墓場が閉門寸前、悪魔将軍がたどり着いた超人墓場にはいなかったロビンは特に今何をしているのか。
新シリーズの敵として立ちはだかる男たちの尻尾を掴み、独自に追っていたりして。楽しみですね!


 冗長な妄想記事となりましたが、新たな物語は劇的に動き始めるでしょう!
またワクワクを胸に、楽しみます!

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

僕は超人レスラーとしてというより 人として王子が大好きなんです!

新たなる始まりを告げるのは怒りの雷!!
 悪魔将軍とストロング・ザ・武道の激戦から数日。エアーズロックでは宇宙超人委員会の面々が
会場の整備に汗を流していた。中にはキン肉マンのお目付け役、ミートもおり……

 委員長の手伝いをするミート君。彼らの会話で前シリーズを振り返りつつ、
キン肉マンとの出会いやこれまでの激戦が回想されました。今となってはあまり触れられませんが
牛丼屋で一般人とプロレスごっこをしていた一つの星の王子(超人)という絵面は面白すぎます
 全日本牛丼愛好会会長として牛丼を一瞬で平らげ、仲間と共にプロレスを愛する彼。
案外キン肉マンのレスリングの下地はこの辺にあるんじゃないかと思うと捧腹絶倒します(笑)

 2度の超人オリンピックを制し、ミート復活をかけて戦った悪魔超人たち、そして悪魔六騎士、
完璧超人、運命の王子たち……。あれっハワイとアメリカ編は!ジェシー!宇宙一凶悪コンビ!あーっ!

 そして中心となって語られたのはターニングポイントとなったバッファローマン戦。
シュラスコ族とキン肉族の個人的な関係、助けてくれたキン肉マンへの恩義。何故ミート君は
一貫してキン肉マンを信頼し続けていたのかが改めて語られた貴重な機会になりましたね。

 キン肉マンなりの気遣いと愛が込められた手作り牛丼。手を絆創膏だらけにしながらも、
決して自分が作ったという恩着せがましく、見返りを求めるでもなく純真に「床に就くミートの為」を想い
作られた不格好な牛丼。そんな心遣いを察したミートが笑顔で牛丼を頬張る場面は
キン肉マンが持つ本物の優しさ、ミート君との信頼関係が数ページに凝縮されている名場面です
彼らの信頼関係は周知の物になっていますが、しっかりと根源が描かれるとは。これは予想外でした。

 そしてエアーズロックに蔓延る不穏な雲と、山頂への落雷。
大地に立った男はザ・マンが武道の名を冠する際に持っていた竹刀を掘り起こしては握り潰し、
無言で足元へと投げつける。彼の正体は、そして真意と目的は果たして……

第209話 新たなる潮流!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

働け!!ゆでたまご 第2話 ウォーズマン(嶋田隆司先生)×ロビンマスク(中井義則先生)感想

新シリーズ目前!両先生の熱い声!
 前回に引き続きキン肉マンシリーズのフィギュアとしてお話する嶋田先生、中井先生。
今回はロビンマスク、ウォーズマンの超人師弟コンビになって登場です。

・ウォーズマンを分かってないというファンの声に傷つく嶋田先生
・コーホー!とウォーズマンの気持ちになる嶋田先生
・怒った中井先生ロビン、バラクーダに変身
・嶋田先生のクイズ「次の敵は誰でしょう」
・トラウマのヘルニアに効くタワーブリッジ
・アタル、満を持して参戦予定!


 ざっとまとめてみるだけで、その文面からして面白すぎます。凄く濃い回でした。
ゆでたまご先生の元にゲストが来るとの前回の予想に反して、超人師弟コンビとなった両先生の
お話でしたがキレッキレでした。関西弁で喋ってると普段もこんな感じなのかなと気になります。

 所々生々しい話は健在でした。そういえばゼブラチームと闘ってる時に休養されたらしいですね…。
前回にも少しお話しましたが、「次の敵が決まらない」は今回のお話を盛り上げる為のリップサービスで
実際の所は始祖編連載時に大方決定しているのではないかなーと思っています。

 いよいよ明日(数時間後)26日から新シリーズ開始。期待しましょう!

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

働け!!ゆでたまご 第1話 キン肉マン(嶋田隆司先生)×ネメシス(中井義則先生)感想

伝説が一区切りし、作者の声がこだまする!
 キン肉マンが嶋田先生、ネメシスが中井先生として繰り広げられた打ち合わせ劇場。
可動式フィギュアとしてキン肉マン、ネメシスが発売されていたのは知っていましたが、公式で
このような劇場として取り扱われるとは予想外でした(笑)

 タイトルが「働け!!ゆでたまご」なのは「闘将!!拉麺男」を意識されているのか
「働くゆで」「働かないゆで」という謎の愛称を意識してのことなのでしょうか(汗)


 撮影された写真のポージングや構図も秀逸、その上裏話も少し聞くことが出来て充実してましたね(笑)
・ロンズデーライトパワーの作画で連日泊まり込みのスタジオ・エッグ
・新シリーズの打ち合わせをする両先生(しかし難航)
・担当(アタル)参戦、嶋田先生にパイプ椅子を振りかざす
・次シリーズ開始は26日(月)予定か!?


 内容が生々しくて色々な意味で凄絶な回となりました。酒を仰ぐ嶋田先生に対して
パイプ椅子を振り下ろそうとしている担当アタルのフォームが殺す気満々なのは腹筋に悪いです。

 「次シリーズの敵とラスボスが決められない」と悩みを打ち明ける嶋田先生。
ですが、恐らく今回のお話を面白くする為の演出やリップサービスだと思うので、
多分もう次シリーズの大方の構想と敵となる超人は決まってるのではないかな?と思います。

 フィギュアの座談会が始まり何事かと思った今回。大爆笑させて頂きました(笑)
次回も今回のような番外編の座談会のようです。誰が出てくるか期待しましょう!
案外他の漫画家の先生だったりするかもしれませんね!

 10分後の更新となりますが、次回も期待しましょう!

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

THE超人様 第2回 テンドーン&スティックアイスの章

超人たちの日常は終わらない!
 今回もカナディアンマン、スペシャルマン、プリプリマンを中心に繰り広げられた読み切り。
超人たちが人間の若者よろしく日常生活を謳歌している絵面だけで爆笑不可避なのですが、
カナディアンマンのキャラがかなりドツボでした。いわゆる「イキった」態度で、作中の強敵へと
向かっていく姿は何とも。何より彼と対峙した強敵の私生活を垣間見えて面白かったです。
言ってしまえばミキサー大帝だったのですが、あれだけ強くても大変なんですね…(涙)

 案外レスラー以外の超人は、今回のミキサー大帝のように日常に溶け込んで
一生懸命お仕事してるのかも。二世のフォーク・ザ・ジャイアントとかも(捕まる前は)そうでしたね。

 最後のオチを飾ったのはスペシャルマンの友人、チエノワマン。何だかピンク色の悲鳴と
共に降りた枠。今回も楽しませて頂きました!

 お顔がお尻ながら、大人しくファミレスに居座るプリプリマンの紳士っぷり、
話の冒頭のポスターがテンドーン夫婦(と子供?おめでとうございます…)
さらにキン肉マンが口でねじ切ったスティックアイスの広告と1巻の怪獣退治編を愉しんだ
オールドファン感涙の小ネタがありました。スティックアイスはキン肉マンの事件を意識してか
こちらで吸い口をあけます!」の注意書きが笑いを誘いました。色々と懐かしいですね!


 そして始まる超人総選挙2017。皆さんは投票されましたか?私は悩み中です…!
さて、次回更新は12日(月)とのこと。次回は一体何が来るのでしょうか?楽しみですね!

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR