いいだろう あふれる知性で返り討ちにしてやろう

勝負を制するは神技を極めし美技!
 4人の運命の王子たちにキン肉マンと、対峙する六鎗客の面々。
フェニックスが試合会場に選出した地は、かつてオメガの民が栄えた跡地。
過去に栄華から失墜した因縁の地で繰り広げられる死闘、今ここに開戦する――!

美しく舞う 異次元空中殺法!
 アリステラとフェニックスのリーダー格対決。「決着が付くならアリステラ」というメタ視点も
多い中、フェニックスが復帰早々負けるはずは……という同じくメタ視点的な味方をしても
どちらか勝つか全くわからない、一読者としてどちらも負けて欲しくないという葛藤を抱いています。
 ディクシアについて言及するアリステラ。一度知性チームに所属していた彼を巡るやりとりも
心が躍ります。改めてフェニックスは「知将」として相応しい立ち振る舞いをしてくれそうです。

 ルーマニアのブラン城で繰り広げられるマリポータ対ヘイルマン戦が最初にクローズアップ。
ルチャリブレ的な脅威の身体能力を惜しみなく披露するマリポーサの美技が映えます。
 実在するレスラーでも、コーナーポストに登るムーブはあっても「トップロープからの飛躍」
から繋げる選手は居なく、そう考えただけで神の加護を受けた飛翔の名を冠する男の凄さが
ひしひしと感じられます。

 ヘイルマンの「ブリザードラリアット」を喰らった後、ハンドスプリングから
ロープの跳ね返りを利用したフライングクロスチョップ、相手の十八番を奪い関節技を
極めるマリポーサのポテンシャルの高さは本当に美しいです。試合の掴みは充分!


 ブラン城の歴史の影には、かつてオメガの民が栄えた潮流が影響しているでしょうか。
ヘイルマンはそうした先祖の屈辱や想いを影響として受け立ち上がるのか。見所です。
マリポーサの勝ちがほぼ確定の中、底力を見せて欲しいですね!

 マリポーサに期待しているのは「ロビン絡みのエピソード」、「自力での発火」、
そして「正調版マッスルリベンジャーから繋げるマリポーサ版マッスルリベンジャー
王位争奪編ではロビンを苦しめた強敵でありながら奥義獲得失敗と見せ場があまり無く
汚名返上を期待したいです。

 次回はヘイルマンの反撃か。気になる次回は30分後!
時が流れるのは早く、来週にはGWがやって来るので次々回は再来週かなぁ……?

第243話 五大城決戦、開幕!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

太古に我らの祖先が住まい そして滅ぼされた街の跡地ばかりだ!

かつての栄華、ここに復権!

 今週、今日は本当に時間がないのでものっすごく簡潔な記事になります。
ごめんなさい!

対戦カードは
フェニックス対アリステラ
キン肉マン対パイレートマン
ビッグボディ対ギヤマスター
ゼブラ対マリキータマン
マリポーサ対ヘイルマン

と、私の展開とかなりかけ離れた内容になりました(笑)
戦場となる城は、オメガの民が住んでいた跡地。
アリステラ対フェニックスの戦場、安土城跡はオメガの民のリーダーがいた地なのでしょうか。


個人的に気になってるのは、キン肉マン対パイレートマン。
対話の余地がありそうな超人だと睨んでいたので、パイレートマンの心がどちらに傾くか期待。
フェニックス対アリステラはノーコンテストになりそうな予感。

第242話 綱の導く先!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

満身創痍のお前にこれ以上闘わせられんわい ここは万全の私が!!

掴み取れ、運命の手綱を!!
 対峙する六鎗客、運命の四王子。互いに睨み合い、激しく火花を散らす使者たち。
混沌とする戦場に落ちた雷鳴と、戦いの火蓋は切って落とされた――!

「Ωの民」と「5つの城」!選択、迫る!
 六鎗客の使命、それに付き纏う問題点、過去の因縁――全てを「聞いた」と語る
フェニックスが呈示したのは六鎗客にとって因縁浅からぬ5つの城址。

・カステル・デル・モンテ(イタリア)
・スワローズネスト(ウクライナ)
・ブラン城(ルーマニア)
・紫禁城(中国)
・安土城(日本)

 でしょうか。Ωの民との関わりが気になります。例によってオモシロ起源説が聞けそうです。
サグラダファミリアを手放し、フェニックスに示唆された場所へと急ぐ六鎗客。
アリステラが仲間たちに檄を飛ばすシーンでは、党首としての格が垣間見えます。
 邪悪の神についても言及する感じを見ると、やはり力を手に入れたその先、
Ωの民が狙っているのは天上界における神々でしょうか……?

 「アイツ(アリステラ?)と闘ってほしくない」とキン肉マンの身を案じるフェニックス。
これ絶対アリステラがキン肉マンと闘うフラグだ!
ラストシーンは、まだ戦えると戦地に赴こうとしたウルフマンを突き飛ばし、
ミート君を抱きかかえながら自ら戦地へと向かったキン肉マンのやり取りで引きでした。
「キン肉マンの優しさと勇気」、「ウルフマンの責任感と男気溢れる雄姿」という2人に魅力を
端的なシーンでこの上なく表現し切った素晴らしいやり取りだったと思います。痺れますね!


対戦カードを予想すると

・マリキータマン対マリポーサ(美しく舞い、鋭く制する毒虫の如く)
・パイレートマン対ビッグボディ(巨躯に秘めた捲土重来の願いの果て)
・ギヤマスター対ゼブラ(全身凶器と狂気が入り乱れる瞬間)
・ヘイルマン対フェニックス(非道の冷徹対決)
・アリステラ対キン肉マン(党首と大王対決、ハンティングの刻)

となる気がします。対戦結果は順当にマリポーサ、ゼブラは勝利。
ビッグボディはスペシャルマンがどう活きるかによって読めず。
キン肉マンがしっかり決着するとなると死亡敗戦。
もしくはキン肉マンを含めフェニックスは「外敵の介入」によってノーコンテストか…?

個人的な妄想、再びここに炸裂。気になって仕方が無い次回はもうすぐです!

第241話 運命の死地!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

そう ヤツら全員を殺してでも…な

「神」の加護を受けし四人衆、集結!
 落雷と共にサグラダ・ファミリアに集結した運命の四王子たち。
果たして彼らの目的は、敵対するのは正義超人か、六鎗客か――

見えてきた黒幕の存在、動き出すシリーズ!
 スーパーフェニックスとアリステラの対話が魅力的だった今回。王子たちは
正義超人たちと直接手を組むことは無くても、共通の敵とその先のボス(サタン)撃破
に向けて、行動を共にすることになりそうです。これはいよいよ熱くなってきました。

 スーパーフェニックスは知性チームとして団体戦最終戦の中堅に
ジ・オメガマンを据えていましたが、彼はアリステラの弟であり超人ハンターを生業とし
超人閻魔直々の使命を受けてキン肉マンチームと関係者の皆殺しを図った男。
当然フェニックスとアリステラによって彼の話題が少し出ましたが、閻魔(=ザ・マン)も
出てきてオメガマン(ディクシア)が地球にやって来た経緯等も聞きたいですよね!

 キン肉マン二世において、万太郎たちが活躍していた時代には姿を直接見せず、
過去にいた凶悪な存在の一人として学校の授業で触れられていたのみ。
そんなフェニックスは王位争奪戦後はキン肉マンによる補佐官の誘いを断り行方を
くらましていたそうです。役職を断り、王家と距離を置きけじめをつけている態度からも
「今までのことは許してくれ」と戦いを経て分かり合った聡く誇りある人物像が見えます。
今回のフェニックスは行動理念に筋が通った大物として描かれそうな予感もします。
 王位争奪編で当初から存在感を示し、初代キン肉マンで事実上「ラスボス」を担った
フェニックス。今シリーズで知性の神から教えられた脅威を胸に、何をしてくれるか期待。

 話せることは伝えてやるべきと話すマリポーサ。そういえば王位争奪編アニメの声は
真弓パパと同じ佐藤正治さんでしたね。優しいパパみを感じます(それは絶対に関係ない)
始祖編と似た感じですが、キン肉マンはフェニックスとしか直接対決経験が無いんですよね。
マリポーサ、ビッグボディ、真ソルジャーとは案外良い友達になれるかもしれません。

 王位争奪編が始まる前から開始されていた「計画」。つまりサタンが表舞台から姿を消した
超人タッグ編~王位争奪編にかけて着々と今回の闘いに向けた準備をしていたのでしょうか。
王位争奪編を含めた「真の黒幕」の存在が見えてきそうですね。
 今は姿を見せていないキン肉マンの兄、キン肉アタルは
サタンの動向を一人追い続け、その情報を集め続けて一人走り続けていた」として
これまで王家を出て一人旅に出て、シリーズごとに弟の活躍を見届けつつ
サタンの後を追い続けていた……とかやりそうな予感もします。

 色々と見えてきた今回は、六鎗客と4王子が睨みあう力強い構図の1枚絵で引き。
次は対戦相手が決まるのか、それとも六鎗客すら予想だにしない新陣営が登場か。
気になる次回は1時間後更新予定です。新年度もたくさんお世話になります!

キン肉マン 第240話 男たちの理由の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

神のお告げだ!

雷鳴と共に!再び廻る歯車と運命の王子たち!
 ルナイトの口から発せられたウルフマンを評する「横綱」の言葉。戦中は嘲弄の為に用いられ、
そして自ら死を選んだ瞬間に放ったそれは惜しみなき最大の賛辞であった。
己の正義を貫き通しルナイトが落命した瞬間、日本では新たな運命の胎動が始まり――

神の加護を受け、再びこの世に産声をあげよ!
 運命の王子たちの復活を予期させた今回。気になったのはキン肉マンソルジャーの不在。
「存在そのものが例外」と評されたのは残虐の神と彼の加護を受けたオリジナルソルジャー
を指すのか、キン肉アタルを指すのか分からないのが今後の見所な気がします。
 キン肉アタルならば全てを知った上で既にどこかで暗躍している可能性もありますし、
オリジナルソルジャーも元は他の王子と群れずに「アッと驚くメンバーを用意する」と
戦地へ赴くべく周到に特訓を重ねるなど一味違う所を見せてくれた存在です。
羊超人をはじめ、残虐とは何かを問題提起されかねない超人らがメンバーの上
ソルジャー本人もアタルに「こいつ器じゃないし」とボコボコにされた挙句マスクを追い剥ぎ
された、ある意味ビッグボディ以上に可哀想な王子ではありました。忘れましょう。

 予想ですが今回は「2人のソルジャーが並行して舞台裏で暗躍しそう」な気もします。

 ルナイトの死を受け、叱責の言葉を浴びせると共に戦闘中の成果を認め、
意気軒昂に味方を鼓舞し頭首たる所以を見せるアリステラ。彼らの果たさんとする使命を
薄々と感じながら、それでも地球侵略を良しとせず六鎗客を睨みつける日本超人コンビ。
この2人の勇ましく大地に立つ姿が何とカッコイイことでしょう!最高に絵になりますね。
 重ね重ねですが、アリステラの「ただの蛮族や略奪者ではない」貫禄と見え隠れする
使命感やイデオロギー。回を増すごとに既述の「ただの悪ではない」深みが分かり始め
ページを捲る手に勢いが増します。後で全てが明らかになった後に単行本を読み返せば
「あの言葉はそんな意味があったのか!」と納得出来るでしょうが、今はこの先が見えない
ワクワク感を大切に、ゆるく考察しながら読み進めたいと思います。

 そしてアリステラの言葉を遮るかのように、雷鳴と共に到着する4王子たち。
「運命の5王子は敵になる」可能性も以前書きましたが、無難に味方でしょうか。
ビッグボディの強靭な筋肉質な身体もカッコいいですし、マリポーサのルチャドール的な
魅惑のプロレスリング、強烈な相反する二面性を持つゼブラ、何より
知性を駆使した敵なしの戦法としてラスボスとして君臨したフェニックスの闘いを
早く見てみたい気持ちでいっぱいです。これは暫く目が離せませんね!
 
 彼らの参戦目的が語られるでしょうか、次回更新はもうすぐ!

第239話 運命の四王子!!の巻

テーマ : キン肉マン
ジャンル : アニメ・コミック

「漫画・アニメの名言集」 電光掲示板 ver.詠
ドリームクラブ公式バナー
プロフィール

詠

Author:詠
【漫画】キン肉マン/ジョジョ/ゆるゆり【ゲーム】デレステ/モバマス/艦これ/GF(仮)/ポケモン/FE【カード】キンプロ/ヴァイス/FEサイファなど多く嗜んでいます。プロレス、プロ野球応援中!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
DLsite.com
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR